スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

続々とリニューアルする東山動植物園 見所はアジアゾウだけじゃない…?

画像・コメントを追加しました。(9月29日 8:41)
20130925_1

東山動植物園では「東山動植物園再生プラン基本計画」に基づく園内施設の大規模な改修工事が進行中です。今月28日には国内最大規模のアジアゾウ舎がオープンしますが、他にも新しい施設が続々とオープンしています。



20130926_2

今年4月20日に「上池」のほとりにオープンした、「ひがしやまパレット上池」です。カフェ・ド・クリエを展開する株式会社ポッカクリエイトが運営する新業態のカフェ「メゾン・ド・ヴェール」と、様々なグッズが並ぶ物販施設「ズー・デ・ガッテン」の2店舗で構成される商業施設です。特にカフェショップは園内で初めての出店です。

【参考】東山動植物園 新営業施設「ひがしやまパレット上池」がオープンします(2013年4月8日 東山動植物園ホームページ)



20130928_3

植物園の「洋風庭園」内に今月3日にオープンした「ガーデンテラス東山」。ちょっとリッチな気分を味わえる多目的レストランと、ウェディング施設があります。



20130928_4
20130928_5

レストランにはウォーターサイドシートもあり、夜には幻想的な演出で楽しませてくれます。



20130928_6

【参考】ガーデンテラス東山公式サイト

【参考】東山植物園に「ガーデンテラス東山」オープン!(2013年9月5日 名古屋観光情報公式サイト)



20130928_7

こども動物園・バラ園エリアと繋がる「花園橋」も今年の1月に架け替えが行われました。



20130928_8

昭和12年の開園当初から公開されており、2006年に国の重要文化財に指定された「植物園温室前館」では、保存のための改修工事が行われています。トラス構造の鉄骨造で、全面ガラス張りとなっており、当時は「東洋一の水晶宮」と呼ばれました。国内で現存する温室の中では最も古い温室です。



20130928_9

なんと工事完了は6年後の平成31年度です。



20130928_10

動物園北園のアフリカ大陸コーナーでは、新ハクトウワシ舎の建設工事が進んでいます。



20130928_12

20130928_13

ウッドデッキ風の新しい園路も整備されています。



20130928_11

オープンは来年の春頃の予定です。



20130928_14

なんかシュールな光景。。。

【参考】新ハクトウワシ舎整備工事(東山動植物園ホームページ)



20130928_15

こちらは「こども動物園」エリア内にある、かつてサルの逃走劇のあったニホンザル舎。



20130928_16

2010年4月にオープンしたこの獣舎は、まるで人間が飼育されているかのような魅せ方が面白いです。



20130928_17

以前はサルの遊び場として、高圧線鉄塔と普通の電柱に似たタワーがそれぞれありましたが、皮肉にもサルがそれを足場に、奥のコンクリートの壁を飛び越えて住宅街へと逃げられてしまったので、今では完全に撤去されてしまいました。

【参考】撤去前の様子(東山動植物園ホームページ)



20130928_19

帰ってきた「ムコドノ」。



20130928_18

磯野家もビックリのネーミング。



20130929_21

こちらは園内の一角で今も眠り続ける「東山公園モノレール」です。現在園内を周回している「スカイビュートレイン」の前身で、1964年2月に開業しました。当時は動物園人気による輸送力を強化するため、現在のスカイビュートレインとは異なる、地方鉄道法(当時)に基づく正式な「鉄道路線」として名古屋市交通局協力会(当時)が運行していました。また、サフェージュ式(軌道桁の下面から車体をぶら下げる方式。国内では他に千葉都市モノレール・湘南モノレールなどで採用)を日本で初めて導入した実験路線でもありました。しかし、総延長は500メートルほどと短く、大規模な補修時期を前に赤字は膨らみ、スカイビュートレインに比べ駅の立地も不便であったことから、開業からわずか10年後の1974年12月に廃止されてしまいました。



20130929_20

上池門付近に架かる「彩景橋」から見た旧植物園駅。現在のスカイビュートレインの「植物園駅」は橋を渡った植物園内にありますが、この駅は動物園内にあり植物園内へのダイレクトなアクセスができませんでした。



20130929_24

駅の高架下には今も昔懐かしい売店が営業しています。



20130929_23

最後に東山動植物園のシンボルといえば、この「東山スカイタワー」です。1989年に市制100周年を記念して建設され、展望台やレストラン、防災無線の中継基地などを備えています。



20130929_22

今も全く色褪せない斬新なデザインです。


【東山スカイタワー 概要】
階数 地上7階
高さ 134m(標高214m)
延床面積 2,929.44㎡
敷地面積 約2,500㎡
建築面積 1,296.51㎡
竣工年月 1989年5月
建設地 名古屋市千種区田代町字瓶杁1-8
建築主 名古屋市
設計 名古屋市建築局営繕部、日本総合建築事務所名古屋支所
関連記事
[ 2013/09/28 06:50 ] ★名古屋市東部 | TB(0) | CM(4)

東山動物園はいろんな所で改修やってるんですね、知らなかったです・・・総事業費が凄そう笑
東山動物園の来場者は、観光客の人より市民の人がほとんどだと思うので、これからも市民に愛される動物園になってほしいです!
これからもブログ頑張ってくださいね!
[ 2013/09/28 17:52 ] [ 編集 ]

少しずつ変化していますね!
カフェが大好きなので、いってみたいです。
[ 2013/09/28 20:21 ] [ 編集 ]

rightさま

東山の再生計画は、前松原市長時代に構想が浮上しました。現河村政権に代わってからは総事業費などの見直しが行われ、現状使えるものは極力使っていこうということで再度構想が練り直されています。

励ましのお言葉ありがとうございます!今後ともよろしくお願いします。
[ 2013/09/29 08:51 ] [ 編集 ]

☆スキップさま☆

コメントありがとうございます。
自分も好きですが、なかなか一人では入る気になりません。笑
[ 2013/09/29 08:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://koumachi.blog.fc2.com/tb.php/53-1988d75c







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。