スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

GM池下タワーと夏の池下界隈

20130816_22

積水ハウスが、千種区の愛知厚生年金会館跡地で建設を進めている「グランドメゾン池下ザ・タワー」は、搭屋まで組み上げが完了しました。残るはクレーンの解体と低層部の内装工事、外溝などの仕上げの工事が引き続き行われます。



20130816_23

低層部も徐々にベールを脱ぎはじめました。周囲との調和を図るためか、どこか和の雰囲気も感じられる落ち着いたデザインです。



20130816_24

外溝の整備はまだまだこれからといったところです。



20130816_25

夕暮れ前の強い日差しを浴びるGM池下タワー。



20130816_26

さて、今回はちょっと足を延ばして、GMタワーの東側にある古川美術館界隈へやってきました。



20130816_27

古川美術館は、かつて存在した「日本ヘラルド映画(ヘラルドグループ)」の創業者で、初代館長でもあった古川為三郎が収集した数々の作品が展示されています。中でも、古川美術館の分館にあたる「爲三郎記念館」は、戦後間もない頃に料亭旅館として使われていた数寄屋造の建物や日本庭園を為三郎氏が購入し、自身も103歳で亡くなるまで住み続けていた立派なお屋敷です。現在は一般公開されており、中でお茶することもできます。



20130816_28

付近には高級フレンチレストランなども点在しています。



20130816_29

爲三郎記念館のすぐ隣にある千種警察署。どこからともなく部活動の掛け声のようなものが聞こえてくると思ったら、ここからでした。中で剣道の稽古でもやっているのか、右の建物から男女の威勢の良い掛け声が聞こえてきました。



20130816_30

駅前の広小路通りへ戻ってくると、何やら道端の店に行列が出来ています。



20130816_31

「フルーツブティックゴトウ」。一見普通の果物屋ですが、中ではお店の果物をふんだんに使ったフルーツフラッペをいただくことができるようです。この時期はいつ見ても行列が出来ているので、相当人気のお店のようです。


【グランドメゾン池下ザ・タワー 概要】
階数 地下1階・地上42階(搭屋2階)
高さ 152.78m
延床面積 48,953.06㎡
敷地面積 6813.95㎡
総戸数 354戸
竣工予定 2013年12月
建設地 名古屋市千種区池下2丁目23番25他
建築主 積水ハウス・長谷工コーポレーション
設計 IAO竹田設計・長谷工コーポレーション
関連記事

いつも楽しく写真をみせてもらってます。
丁寧で事細かな解説付きで相当情報収集されているようで感心しております。

今回のように再開発物件のみに焦点をあてず路地裏の話題も提供して下さるとさらに興味深いです。
ありがとう。

[ 2013/08/17 03:06 ] [ 編集 ]

TKさま

いつもありがとうございます。
そう言っていただけると、とても励みになります!

拙いブログですが、今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2013/08/18 18:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://koumachi.blog.fc2.com/tb.php/37-70ff2fbd







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。