スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新「名古屋東京海上日動ビルディング」 竣工特集!

20130729_3

新「名古屋東京海上日動ビルディング」は、1973年に丸の内地区に完成した旧名古屋東京海上日動ビル(完成時の名称は「タキヒヨー丸の内ビル」)の建替え事業によって誕生した、オフィスビルです。

旧ビルは地上25階・高さ85mで、完成当時は名古屋で最も高い「超高層ビル」でした。1980年に東京海上火災(現在の東京海上日動火災)に売却されるまでは、事業者のタキヒヨーが所有していましたが、タキヒヨー本社は建替え直前まで旧ビル内にありました。現在は名古屋ルーセントタワーへ移転しています。
老朽化のため、2010年に解体されました。高さ80m以上の高層ビルの解体としては、市内で初のケースでした。


20130729_4

西側壁面。東京海上日動のロゴがカッコいいです。



20130729_5

南側。搭屋の外壁もデザインが異なっています。



20130729_6

南西方向から。このビルのデザイン、個人的にはかなり好きです。


20130729_7

南側正面。



20130729_8

桜通本町交差点(南東方向)から。



20130729_9

東側正面。
外観はこのくらいにして、外溝を見てみましょう。



20130729_10

南側。桜通に面しているということで、桜の木が植えられました。



20130729_11

敷地の西側にも、通り抜けできるスペースが確保されています。



20130729_12

公開空地のしるし。



20130729_13

入口がたくさんあって迷いそうですが、おそらく桜通本町の交差点に面したこの入口が正面玄関かと思います。



20130729_14

正面玄関



20130729_15

本町通に面した東側。こちらもたくさん植樹されています。



20130729_16

低層階もかなり凝ったデザインです。



20130729_17

腰掛スペースが設けられています。目の前にはサークルKがオープンするようです。
お茶やお弁当を買って一休みもできそうですね。



20130729_18

ほっともっともあります。



20130729_19

北東側には、ちょっとした広場ができています。



20130729_20

こちらはカップルで座ることもできそうです。
夜になると樹木がアッパーライト(?)で照らされ、いい雰囲気になりそうですね。笑



20130729_21

北側には真新しい地下駐車場。旧ビルと違い、出入口が一緒になっています。



20130729_22

正式名称は、名古屋東京海上日動ビルディングで決定したようです。
建替えによって建物の規模は小さくなりましたが、それ以上にインパクトのあるデザインに仕上がりました。
丸の内の新たなランドマークとして、定着していって欲しいですね。


【名古屋東京海上日動ビルディングの概要】
階数 地下2階・地上15階(15階は設備機械置き場)
高さ 77.1m
延床面積 35,773.73㎡
敷地面積 4,208㎡
建設地 名古屋市中区丸の内2丁目20-19
建築主 竹中・大林・清水・鹿島・戸田建設JV
設計 三菱地所設計
[ 2013/07/29 06:35 ] ★名古屋市・丸の内地区 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://koumachi.blog.fc2.com/tb.php/28-27b72f36







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。