スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新「名古屋東京海上日動ビルディング」 竣工特集!

20130729_3

新「名古屋東京海上日動ビルディング」は、1973年に丸の内地区に完成した旧名古屋東京海上日動ビル(完成時の名称は「タキヒヨー丸の内ビル」)の建替え事業によって誕生した、オフィスビルです。

旧ビルは地上25階・高さ85mで、完成当時は名古屋で最も高い「超高層ビル」でした。1980年に東京海上火災(現在の東京海上日動火災)に売却されるまでは、事業者のタキヒヨーが所有していましたが、タキヒヨー本社は建替え直前まで旧ビル内にありました。現在は名古屋ルーセントタワーへ移転しています。
老朽化のため、2010年に解体されました。高さ80m以上の高層ビルの解体としては、市内で初のケースでした。


20130729_4

西側壁面。東京海上日動のロゴがカッコいいです。



20130729_5

南側。搭屋の外壁もデザインが異なっています。



20130729_6

南西方向から。このビルのデザイン、個人的にはかなり好きです。


20130729_7

南側正面。



20130729_8

桜通本町交差点(南東方向)から。



20130729_9

東側正面。
外観はこのくらいにして、外溝を見てみましょう。



20130729_10

南側。桜通に面しているということで、桜の木が植えられました。



20130729_11

敷地の西側にも、通り抜けできるスペースが確保されています。



20130729_12

公開空地のしるし。



20130729_13

入口がたくさんあって迷いそうですが、おそらく桜通本町の交差点に面したこの入口が正面玄関かと思います。



20130729_14

正面玄関



20130729_15

本町通に面した東側。こちらもたくさん植樹されています。



20130729_16

低層階もかなり凝ったデザインです。



20130729_17

腰掛スペースが設けられています。目の前にはサークルKがオープンするようです。
お茶やお弁当を買って一休みもできそうですね。



20130729_18

ほっともっともあります。



20130729_19

北東側には、ちょっとした広場ができています。



20130729_20

こちらはカップルで座ることもできそうです。
夜になると樹木がアッパーライト(?)で照らされ、いい雰囲気になりそうですね。笑



20130729_21

北側には真新しい地下駐車場。旧ビルと違い、出入口が一緒になっています。



20130729_22

正式名称は、名古屋東京海上日動ビルディングで決定したようです。
建替えによって建物の規模は小さくなりましたが、それ以上にインパクトのあるデザインに仕上がりました。
丸の内の新たなランドマークとして、定着していって欲しいですね。


【名古屋東京海上日動ビルディングの概要】
階数 地下2階・地上15階(15階は設備機械置き場)
高さ 77.1m
延床面積 35,773.73㎡
敷地面積 4,208㎡
建設地 名古屋市中区丸の内2丁目20-19
建築主 竹中・大林・清水・鹿島・戸田建設JV
設計 三菱地所設計
スポンサーサイト
[ 2013/07/29 06:35 ] ★名古屋市・丸の内地区 | TB(0) | CM(0)

日本郵政の「名駅一丁目計画(仮称)」 7月28日時点の現場の様子

20130729_1

ん?

奥に見えるのは……



20130729_2

モックアップ!

しかし、低層棟のものか、高層棟のものか分かりません…。
アングルはこれが限界でした。


【名駅一丁目計画(仮称)の概要】
階数 地下3階・地上40階(搭屋1階)
高さ 195.74m
延床面積 179,950.88㎡
敷地面積 12,177.50 ㎡
竣工予定 2015年11月末
建設地 名古屋市中村区名駅1丁目1番地
建築主 日本郵政・名工建設
設計 日本設計

地下3階~地下2階 不明
地下1階~地上3階 郵便局(1F)・バスターミナル(1F)・飲食店・カンファレンス施設(店舗面積約5,000㎡)
地上4階~地上40階 オフィス(約85,000㎡)

【参考】名駅一丁目計画(仮称)の新築工事着工のお知らせ(2013年6月11日 日本郵政プレスリリース)
【参考】名駅一丁目計画(仮称)の建設着手の決定について(2012年3月26日 日本郵政プレスリリース)
関連記事

第二豊田ビル 解体工事がスタート!

20130721_18

名古屋駅前にある旧第二豊田ビルの解体工事が、いよいよ始まりました。



20130721_19

国際センター方面。



20130721_20

西館と東館の間の道路は、解体工事が終わるまでは通行できそうです。



20130721_21

歩道が一部狭くなっています。物々しい感じになってきました。



20130721_22

一部道路上に防護パネルが設置されたため、一層圧迫感が増しています。



20130721_23

解体工事は竹中工務店が行うことになりました。


【新第二豊田ビル(仮称)概要】
階数 地下4階・地上25階(搭屋2階)
高さ 115m
延床面積 49,700㎡
敷地面積 4,230㎡
竣工予定 2016年末
開業予定 2017年春
建設地 名古屋市中村区名駅4丁目1001番他
建築主 東和不動産
設計 日建設計

地下4階~地下2階 駐車場・機械室
地下1階~地上1階 商業施設
地上2階~地上5階 シネマコンプレックス(7スクリーン・1100席を予定)
地上6階~地上17階 オフィス
地上18階~地上25階 三井ガーデンホテル名古屋(約300室)

【参考】当社の連結子会社による新規シネマコンプレックス出店に関するお知らせ(2012年3月13日 松竹プレスリリース)

【参考】(仮称)三井ガーデンホテル名古屋 東海地方初出店決定(2012年3月13日 三井不動産プレスリリース)
関連記事

長久手古戦場駅前を長久手市の都市核に!リニモと一体的なまちづくりを展開へ

20130721_1

長久手市のリニモ(東部丘陵線)長久手古戦場駅前では、現在27.5ヘクタールにおよぶ大規模な区画整理事業が進行中です。長久手市が今年5月に策定した「長久手中央地区まちづくり基本構想」では、同地区(古戦場駅前)周辺を市の中心部に位置づけ、商業・レクリエーション・住宅等の複合機能の立地を目指すこととしています。

その拠点の1つとして構想にある「リニモテラス」は、コンサートやイベント・オープンカフェなどへの活用を想定した屋根付き屋外ステージのある広場と、複合商業施設で構成されます。複合施設に関しては、店舗のほかにも住民サービスや観光案内・大学拠点などさまざまな機能を備えた施設になる予定です。また、駅舎とリニモテラス・近隣の長久手古戦場を歩行者デッキで連絡させることにより、駅前の回遊性を高める方針です。

今回の構想では、イオンリテールが最優秀協力事業者となっていますが、計3.9ヘクタールある商業街区のうち、「リニモテラス」が建設される敷地の北側にイオン用の敷地があり、計画されているイオン本体はリニモテラスとは別に建設される予定です。シネコンも入るようですが、詳しいことはわかりません。尚、当初の計画では今年度中にイオンがオープンする予定でしたが、亜炭空洞の充填工事が影響し、スケジュールが遅れています。


20130721_2

長久手古戦場駅改札口。1日の利用客は約3000人。大学キャンパスへのシャトルバスの運行が開始されてから増加傾向にありますが、通常は無人駅です。



20130721_3

区画整理に伴い、大幅に拡張される予定のロータリー。タクシープールやバスターミナルも整備される予定です。
エレベータのある2階付近にロータリーを横断する形でデッキが接続します。



20130721_4

駅2階から見た計画地。手前の敷地がリニモテラス用地。その奥はイオン建設予定地。左端に見えるのは古戦場公園です。
ロータリーから伸びる道路も今後すべて付け替えられます。現在の計画では、ロータリーは右(東)側へ大幅に拡張されます。



20130721_5
20130721_6

ロータリーの東側にはホームセンターがありますが、この建物の手前までロータリーを拡張した上で、ホームセンターの駐車場や資材置き場を南北にぶち貫く形で道路を付け替えます。



20130721_7

リニモテラス用地北側から東(八草)方面。この道路も付け替えられ、歩道沿いには桜並木が整備されます。



20130721_8

同地点から駅方面。この辺りから駅前広場までは、古戦場公園と一体感を演出するため、石垣の擁壁とかえで道(遊歩道)が整備されます。



20130721_9

計画地西側の道路。ここも若干拡幅されます。



20130721_10

古戦場公園駐車場より。



20130721_11
20130721_12

リニモテラス用地。



20130721_13

イオン用地。手前に流れる川は「香桶川」。



20130721_14

ロータリーから。



20130721_15

現在のリニモの1日平均利用者数は19,100人(2012年度現在)。万博閉幕直後は13,700人と低迷気味でしたが、その後は年を追うごとに増え続けています。今年度は5月現在の1日平均利用者数が前年比7.0%増と、大きく伸びています。
また、リニモのダイヤは少し変わっており、沿線の大学が長期休暇に入る時期の平日朝夕は本数が減ります。それだけ学生さんがリニモを支える重要な柱になっているのですね。



20130721_17

現在は3つの大学が学生用シャトルバスを運行しています。他にも名鉄バスやN-バス(コミュニティバス)も運行されており、日中も駅前ロータリーにちょくちょくバスが入ってきていました。



20130721_16

現在リニモでは、一日乗車券の提示による周辺店舗や沿線施設の特別割引のほか、スタンプラリーの実施や通勤通学客・観光目的の利用客向けのレンタサイクル無料貸し出し、沿線施設と連携した12通りの体験講座と貸切列車の乗車体験、貸切リニモで行く夏休み親子教室(クラフトやレクリエーション)、地元民と沿線の各大学が連携した共同企画の大学祭など、非常に豊富なイベントが企画されています。駅に置いてあるリーフレット1つとっても、定期外客の獲得にかなり力を入れられているのがわかります。
また、市内を走る3つの公共交通機関(リニモ・N-バス・名鉄バス)の情報誌の内容が、高齢者の利用パターンを想定した大変わかりやすいものになっています。

長久手市は生産年齢人口(15~64歳)の割合が68.5%(2012年10月現在)と県内で最も高く、年少人口(0~14歳)の割合も17.6%とみよし市に次ぐ2番目の高さです。逆に65歳以上の老年人口は13.9%と県内で最も低くなっています。
愛知万博以降、県内だけでなく、県外からも多くの若い人たちが長久手に移り住んできました。人口増加率でも県内1、2を争う同市ですが、若い人たちだけでなく、高齢者にも優しいまちづくりを目指す姿勢と、イベントなどの交流の場を通じて互いが連携し合って共存できる環境づくり、そして市外の人間にもその様子が目に見えてわかることが、豊かな住環境を生み出すカギになっているのだと実感できます。

リニモ沿線では、2駅東の公園西駅前でも区画整理事業が行われており、駅北側には2015年の開業をめざして「IKEA」が出店する予定です。中部地方初ということもあり、遠方からも多数の集客が見込めます。相乗効果で長久手をもっと盛り上げていって欲しいですね。

【参考】長久手中央地区まちづくり基本構想(長久手市ホームページ) ※読み込みに時間がかかります。

【参考】リニモ沿線地域づくりの状況(長久手市ホームページ)
関連記事

アイシン開発と太田商事 刈谷駅南口に複合ビル建設!

20130716_1

アイシン開発と太田商事の2社で構成する「刈谷市南桜町地区再開発事業JV」は、刈谷駅南口に商業・オフィス・住宅の入る複合ビルを建設します。

太田商事は刈谷市に本社を置く老舗の総合商社で、今回の計画地のすぐ隣に保有する「OTAビル」(写真手前の白いビル)内に本社があります。
アイシン開発はトヨタの自動車部品メーカー「アイシン精機」のグループ会社で、マンション事業などを手掛けています。こちらも刈谷に本社があります。

刈谷駅南口では、これまで都市再生機構(UR)が中心となって再開発が進められ、2008年から2009年にかけて、バローが核テナントの複合商業施設「みなくる刈谷」や、大ホール・生涯学習施設などの入る刈谷市総合文化センター「アイリス」が相次いでオープンしています。

私は4年ほど前に南口を訪れましたが、その頃と比べると人の流れは大きく変わっています。北口近辺は元々夜の店が多いですが、昼間の重心は完全に南口へ移っている印象です。昨日も文化センターに沢山の人が出入りしていました。子連れの方が多かったので、何かイベントでもやっていたのかもしれません。


20130716_2

さて、こちらが今回の計画地です。駅はもう目と鼻の先です。
現在は月極駐車場やコメダがあります。


20130716_3

水色のバスより右側が計画地。


20130716_4

昔と比べるとロータリーもずいぶん立派になりました。



20130716_5

コメダ珈琲は移転先が決まっており、既に店舗も完成しています。
右奥の立派な建物は新しい刈谷市役所。さすが財政豊かな刈谷だけのことはあります。


20130716_6

4年前。この時まだ市役所は建設中でした。
コメダの敷地は元ガソリンスタンド。最近ガソリンスタンドがずいぶん減ってきていますね。



20130716_7

みなくる刈谷(左)とアイリス(右)。いずれも駅から直接デッキで繋がっており、大方の人はそちらから出入りしているようです。



20130716_8

現在の基本構想では、複合ビルは地上23階建て、延べ約19,600㎡の規模で、1~2階に貸店舗、3~4階に貸オフィス、5~23階に分譲マンション(129戸)が入る予定です。



20130716_9

線路の向こう側が北口。



20130716_10

計画地内にあるコメダはまだ営業中です。


20130716_11

こうして見ると、結構な敷地の広さです。


20130716_12

敷地のすぐ脇を通る名鉄三河線。


【刈谷市南桜町地区再開発事業 概要】
階数 地上23階
高さ 不明
延床面積 19,600㎡
敷地面積 3,300㎡
着工予定 2013年度内
竣工予定 2016年5月
建設地 愛知県刈谷市南桜町1丁目29番地ほか
建築主 未定
設計 未定

1~2階 店舗
3~4階 オフィス
5~23階 分譲マンション(129戸)
関連記事

「大名古屋ビルヂング」 謎の物体の正体

前回、広場予定地に建設中の謎の建築物をご紹介しました。



20130715_2

7月14日時点。やはり何かの作業場のようですが…



20130715_3

1日後。階段が取り付けられました。



20130715_3

この小屋のような建物の正体は…



20130715_4

新生「大名古屋ビルヂング」の外壁のモックアップ(模型)でした!
左が低層部、右が高層部の外壁です。



20130715_5

低層部のガラス表面には、模様が施されています。



20130715_6

さらに、よく見るとそれぞれ模様が違います。
3パターンのうちどれを採用するか試験を行っているのかもしれません。
遠目で見ると、いずれも見え方が異なります。個人的には一番左が好みです。笑
そして、フレームの色も微妙に違っています。


20130715_7

近くで正面から眺めるのはちょっと難しいですね。



20130715_11

今日はゲートが開いていたため、通りからもよく見えました。(7月15日撮影)



20130715_8

ロータリー側から。


20130715_9

タワーズ15階から。(7月15日撮影)


20130715_10

ズームイン。鉄骨の土台の上にちょこんと乗っています。(7月15日撮影)
素人の私にはまったくわかりませんが、下の円筒状のものはなんでしょうか?

これを見ていると、もう一つ気になることが…


【(新)大名古屋ビルヂング 概要】
階数 地下4階・地上34階(搭屋1階)
高さ 174.70m
延床面積 146,698.04㎡
敷地面積 9,155.56㎡
竣工予定 2015年10月末
開業予定 未定
建設地 名古屋市中村区名駅3丁目27番地
建築主 三菱地所
設計 三菱地所設計

地下4階~地下2階 駐車場?
地下1階~地上4階 商業施設(店舗面積約13,000㎡)
地上7階~地上33階 オフィス(約65,000㎡)

【参考】「大名古屋ビルヂング」新築工事着工及び環境格付け取得のお知らせ(2013年5月23日 三菱地所プレスリリース)
関連記事

イーオン中部本校 移転新築工事

7月17日追記しました。

20130713_1

英会話大手のイーオンは、駅西の井門名古屋ビル内にある「中部本校」を移転させ、名駅南地区に新たに中部本校ビルを建設します。



20130713_2

掘削工事が行われていました。(7月7日撮影)



20130713_3

かつてはガソリンスタンドがありました。(2010年8月撮影)



20130713_4

さて名駅南地区といえば、名駅通りを挟んだ北側に土地を持つNTTや、南側に倉庫群を所有する日本通運、地元住民が中心となり、「名駅南地区まちづくり研究会」を2010年に発足させました。ささしま地区から名駅通りへ至る都市計画道路笹島線の整備用地が日通の倉庫敷地一帯ともろ被りであることから、これを機に同地区の全体的なビジョンを策定し、様々な再開発を検討していくもののようです。
一部単独での開発が進められている中で、どこまで歩調を合わせて構想を練っていくのかが気になりますが、今のところ続報はなく、2011年度とされていた基本計画の策定も遅れているようです。笹島線の全線開通もメドは立っていません。

既報の情報では、「一等地の駅前には手が出ない地元企業などを受け入れる」「都市型マンションと入居者向けの商業・医療施設を造る」「大学や国際交流拠点を持つささしま地区と連動した文化・芸術・商業・研究施設の建設」などが参加企業から提案されています。

写真左に見える名駅通りも正直オーバースペックのような感じがしますが、地区内の道路網の再編も含め、今回の計画は大掛かりなものとなりそうです。


20130713_5

今回、都市型マンションや国際交流拠点云々が提案として挙げられていましたが、規模はともかく都市型マンションの建設は実際に行われています。(写真奥のトラ柵用地もマンション建設予定地。その奥の白いマンションも新築)
イーオンの新ビルも、広義ではささしまの国際交流に付随するものと…いえるかな???
いずれにせよ、この地区の雰囲気も少しずつではありますが変わってきています。


【イーオン・セントラル・ジャパン 中部本校ビルの概要】
階数 地上9階(搭屋1階)
高さ 39.2m
延床面積 4,662.56㎡
敷地面積 695.08㎡
竣工予定 2013年12月
建設地 名古屋市中村区名駅南4丁目1201他
建築主 株式会社イーオン・セントラル・ジャパン
設計 久米設計


※※※ 7月17日追記 ※※※
イメージパースが市のホームページ(CASBEE名古屋)にありました。
全面ガラス張りのクリアな外観になっています。

この場所は笹島交差点からもよく見えるので、完成後は雰囲気が変わりそうですね。

【参考】 CASBEE名古屋 評価結果(名古屋市ホームページ)
関連記事

丸栄本館・スカイル連絡通路撤去工事(撤去後)

20130710_1

丸栄本館とスカイル館を結ぶ連絡通路が完全に撤去されました。
現在は、外壁の補修工事が行われています。
関連記事

日本郵政の「名駅一丁目計画(仮称)」 7月7日時点の現場の様子

20130709_1

クレーンの数がかなり増えてきました。(一部「名古屋駅新ビル」計画地)



20130709_2

地上からでは変化があまり分かりませんね。笑




20130709_3

名古屋ルーセントタワー


【名駅一丁目計画(仮称)の概要】
階数 地下3階・地上40階(搭屋1階)
高さ 195.74m
延床面積 179,950.88㎡
敷地面積 12,177.50 ㎡
竣工予定 2015年11月末
建設地 名古屋市中村区名駅1丁目1番地
建築主 日本郵政・名工建設
設計 日本設計

地下3階~地下2階 不明
地下1階~地上3階 郵便局(1F)・バスターミナル(1F)・飲食店・カンファレンス施設(店舗面積約5,000㎡)
地上4階~地上40階 オフィス(約85,000㎡)

【参考】名駅一丁目計画(仮称)の新築工事着工のお知らせ(2013年6月11日 日本郵政プレスリリース)
関連記事

変わる池下(竣工後のプラウド池下)

20130708_1

池下駅前では、分譲マンションの建設ラッシュが続いていますが、GMタワーとともにプラウド池下の竣工後を見てきました。



20130708_2

広小路通りから、一本裏へ。



20130708_3

奥までズラッと植樹が行われ、雰囲気がかなり変わっていました。



20130708_4

野村不動産が販売したこのマンションは、3棟建てになっています。それぞれの土地が独立した珍しい形となっています。



20130708_6

池下駅方面。(北方向)
マンションができる前は駐車場で、何もありませんでした。
これだけ沢山緑が植えられていると、本当に気持ちがいいです。



20130708_5

こんなマンションに住める方々が羨ましいです。



20130708_7

覚王山・本山方面。(東方向)
道端に植えられた竹が涼しげな感じです。



20130708_8

池下駅まで徒歩1~2分。GMタワー同様人気の物件で、売れ行きは好調だったようです。
名駅周辺にももう少し緑が欲しいですねぇ。


【プラウド池下 概要】
階数 
イースト:地下1階・地上15階 
ウエスト:地上11階 
サウスヒル:地下1階・地上13階
総戸数 137戸(イースト:42戸 ウエスト:30戸 サウスヒル:65戸)
竣工年月 イースト:2013年2月 ウエスト:2012年12月 サウスヒル:2013年3月
建設地 名古屋市千種区春岡1丁目706番他
建築主 野村不動産
設計 株式会社 野口建築事務所
関連記事
[ 2013/07/08 01:45 ] ★名古屋市東部 | TB(0) | CM(0)

変わる池下(7月7日時点のGM池下タワー進捗状況)

20130707_5

名古屋市千種区の地下鉄池下駅前では、今年にかけてマンションの建設ラッシュが続きました。栄まで7分、名駅まで11分(いずれも東山線)という好立地に加え、駅から徒歩圏内にスーパー・薬局・区役所・警察署・飲食店などが集中しており、居住地として人気の高いエリアです。

2009年には、ジェイアール東海不動産と三菱地所が総戸数373戸のマンションと商業施設で構成される「名古屋セントラルガーデン」を完成させました。

現在建設中のマンションは、旧愛知厚生年金会館跡地に積水ハウスが建設中の「グランドメゾン池下ザ・タワー」です。上層階には億ションが数十戸あるようですが、現在は下層階含め全て完売しています。

池下駅前で先陣を切ったタワーマンションは、1997年に公団池下団地を再開発して誕生した「サンクレア池下」(写真右)です。サンクレア池下も商業施設との複合施設になっており、核テナントのパレマルシェ(旧名鉄パレ)に加え、ツタヤや各クリニックも入居しています。



20130707_6

バスターミナル前には、ちょっと見ない間に洒落た店が増えていました。(GMタワーの住人を狙っているのか!?)



20130707_7

池下駅とタワーマンション。



20310707_8

周辺の整備はまだまだこれからといったところ。
ドーム状の建物は、池下駅の東改札口です。サンクレア池下に直結していますが、GMタワーとも連絡通路で繋がる予定です。



20130707_9

モデルルーム跡地は何になるのでしょうか。



20130707_10

池下駅裏側。市営「池下荘」やバスターミナルと完全に一体化しています。池下荘は総戸数188戸の市営住宅で、1980年竣工と老朽化が進んでいます。土地の活用次第では池下に与えるインパクトもかなり大きいと思いますが、今のところ何も動きはないようです。(スギヤマの看板の奥に見えるマンション群がセントラルガーデン)


【グランドメゾン池下ザ・タワー 概要】
階数 地下1階・地上42階(搭屋2階)
高さ 152.78m
延床面積 48,953.06㎡
敷地面積 6813.95㎡
総戸数 354戸
竣工予定 2013年12月
建設地 名古屋市千種区池下2丁目23番25他
建築主 積水ハウス・長谷工コーポレーション
設計 IAO竹田設計・長谷工コーポレーション

20130707_11

既に最上階に到達しているようです。
関連記事

一番搾りガーデン明日OPEN!

20130707_1

呑み屋の出店ラッシュが続く名駅三丁目ですが、昨年大名古屋ビルに期間限定で出店していた「一番搾りフローズンガーデン」の後継店舗が、明日7月8日に再び名駅三丁目にオープンします。

一番搾りガーデンは、東京、大阪、名古屋、福岡、広島、仙台の各都市に期間限定で出店しており、今年の「一番搾りガーデン名古屋」は10月8日までの3ヶ月間営業する予定です。



20130707_2

場所は大名古屋ビル建設現場のすぐ隣です。昨年に比べて規模は小さくなりましたが、夜は三丁目で一番賑わうこのエリアを再度選んだのは妥当なところかと思います。



20130707_3

お馴染みのロゴでもしっかりアピールしています。



20130707_4

こちらは先月15日にオープンした「がブリチキン。名駅三丁目店」です。かつては古いテナントビルでしたが、1棟丸ごとリニューアルして出店しました。このように、三丁目エリアでは古いビルや空き店舗を改装して出店するケースが目立ちます。
関連記事
[ 2013/07/07 22:47 ] ★名古屋市・名駅地区 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。