スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

建替えの進む一宮市新庁舎と本町通り商店街

写真はすべて12月21日撮影。
20131231_1

一宮市は、市中心部にある一宮市本庁舎の建て替え工事を進めています。老朽化した現本庁舎および旧本庁舎の東側にあった「新柳公園」と「東有料駐車場」を閉鎖し、跡地に免震構造の新庁舎を建設しています。西柳公園は現本庁舎西側の市有地に再整備される予定です。現庁舎は新庁舎の稼働後に解体され、跡地にはイベント時や非常時の活動スペースとして「七夕広場」が整備されます。また、本町通商店街(西分庁舎横)から新庁舎までは遊歩道が整備される予定です。




20131231_2

20131231_3

既に外観はほぼ完成しています。隣に見える大きな茶色い建物が現一宮市庁舎です。




20131231_4

【一宮市役所 新庁舎 概要】
階数 地上15階・地下1階
高さ 66.10m
敷地面積 8,031.79㎡
建築面積 2,300.42㎡
延床面積 31,139.78㎡
竣工年月 2014年3月
建設地 愛知県一宮市本町2丁目5番1号
建築主 一宮市
設計 株式会社 石本建築事務所



20131231_6

旧本庁舎の跡地に建設予定の立体駐車場とは別に、新庁舎の北側にも機械式の立体駐車場が整備されました。





20131231_7

現本庁舎の北側に隣接する旧本庁舎。県内で最初の鉄筋コンクリート造の市庁舎で、クラシックで風格のある意匠が特徴的ですが、残念ながら解体が確定しています。左側に沿って通っていた市道は廃止されました。




20131231_8

手前(旧本庁舎)は自走式立体駐車場に、奥(現本庁舎)はイベントスペースに再整備されます。




20131231_9

現本庁舎と奥に新庁舎。




20131231_10

旧本庁舎の北向かい(写真右奥)には一宮警察署があります。




20131231_17

一宮市役所西分庁舎。アーケード街の「本町通商店街」に面しています。旧名古屋銀行一宮支店として鈴木禎次氏が設計し、大正13年(1924年)に建築された、鉄筋コンクリート3階建ての立派な建物です。アーケードに隠れて全体の雄姿を拝むことはできませんが、4本の飾り柱が目を惹きます。鈴木氏は他に松坂屋本店や旧名古屋銀行本店(三菱東京UFJ銀行貨幣資料館)などを設計しています。 旧本庁舎は解体されてしまいますが、こちらの西分庁舎は耐震補強やバリアフリー化工事を行った上で保存されます。




20131231_11

市中心部を南北に延びる「本町通商店街」(全長約500m)。本町通りのアーケードは1971年に完成しましたが、本町2丁目~4丁目の約380mにかけての区間は2001年に10億円をかけて全面改修されました。しかし、空き店舗の多数存在する1丁目の残る120mの区間は資金難により同時期に改修できず、古いままとなっていました。




20131231_12

結局最後まで日の目を見ることができず、今年の夏頃ついに撤去されてしまいました。





20131231_13

アーケードの撤去後は上空に電線が張られ、路肩には防犯カメラ付きの街灯が設置されました。ただし将来的には電線を地中化する話もあるようです。




20131231_15

撤去されたアーケードの代わりに、各店舗の軒先に片屋根式テントが張られました。上空も明るくなり、これはこれでアリかなとも思います。




20131231_14

拡張工事中の歯科医院などもありますが、全体的には老朽化した店舗や空き店舗が大半を占め、活気がありません。改修済みの2丁目~4丁目も「七夕まつり」などのイベント時を除いて、普段の人通りはまばらです。かつてアーケードを南に抜けると旧「グランドタマコシ」の大きなショッピングセンターがあり、商店街一帯は大変賑わっていましたが、2004年にタマコシが倒産し、結果的に郊外型SCに押される形で往時の賑わいはなくなってしまいました。




20131231_16

しかし、中には「コスプレ専門店」や「鉄道模型カフェ」など、マニア向けの新業態店舗も進出してきており、なかなか面白いことになってきています。




20131231_17

本町通りの北側に位置する真清田神社。尾張開拓の祖である「天火明命」が祀られており、昔の「尾張国一之宮」にあたります。市内で最も大きな神社であるため、年末年始は参拝客でたいへん賑わいます。また、市の「コスチュームタウン構想」に則り、今年の2月にはコスプレイヤーとの共同イベントも実施され、撮影場所としても解放されていたようです。

【参考】一宮市新庁舎のご案内(一宮市ホームページ)

【参考】新庁舎建設工事を開始(一宮市ホームページ)

【参考】「一宮市庁舎建設工事」専門サイト

【参考】新柳公園の記憶(アースデイ尾張木曽川実行委員会 志民プロジェクト2021)
スポンサーサイト
[ 2013/12/31 12:47 ] ★尾張西部 | TB(0) | CM(0)

尾張一宮駅の新駅ビルが開業1周年で好発進!

写真はすべて11月17日撮影。
20131229_1

JR尾張一宮駅の新しい駅ビル「i-ビル」が、先月1日でオープン1周年を迎えました。

かつての駅ビルは、1952年に民衆駅として完成した鉄筋コンクリート3階建ての年季の入った建物でしたが、2010年秋ごろから建替え工事が始まり、現在は広々とした吹き抜け空間を擁する立派な駅ビルに生まれ変わっています。

駅ビルの建て替えを巡っては、当初ホテルやシネマコンプレックスが入る地上15階建ての新ビル構想がありました。ところが、土地を所有するJR東海は「民間に依存するのは危険」として、当時の計画を持ちかけた市長に対して、首を縦に振りませんでした。それが2006年下半期の出来事です。その後、別棟に大学キャンパスを誘致する計画にも暗雲が立ち込みはじめ、経済情勢の悪化に伴い大学法人側が進出を断念するなど、駅ビル計画の大幅な見直しを余儀なくされました。

ホテルやシネコンの壮大な計画に代わって新たな計画として持ち上がったのが、不便な立地で老朽化した旧図書館に代わる新しい図書館を駅ビルに誘致し、街の賑わい創出につなげることでした。不況に突入したことで駅ビル建設への反対の声も目立つようになりましたが、最終的な市の判断は結果的に功を奏し、周辺施設に様々な波及効果をもたらすこととなりました。今思えば、当時のJRの助言は、実に堅実的な在名企業らしい先を見据えた判断だったのかもしれません。(別棟建設予定地の今後の活用法は未定です。)




20131229_7

【i-ビル 概要】
階数 地上7階
高さ 不明
敷地面積 4,339.67㎡
建築面積 3,855.49㎡
延床面積 21,406.98㎡
竣工年月 2012年9月
供用開始 2012年11月1日
建設地 愛知県一宮市栄3丁目1番2号
建築主 一宮市
設計 株式会社山下設計

i-ビルの大きな特徴は、何と言っても2~5階の巨大な吹き抜けスペース「シビックテラス」です。冬シーズンはイルミネーションの装飾も行われています。また、外観のデザインは「繊維の街」を象徴する織物の糸の網目をモチーフとしています。




20131229_3

「i-ビル」ロゴ。愛称の由来は、~「i」は一宮市の頭文字であり、「愛」「私(I)」という意味があり、情報(インフォメーション)の発信基地との連想もできます。みんなに愛され親しまれる空間になってほしいとの思いが込められています。~だそうです。(i-ビルホームページより)




20131229_4

中へ入ると、一宮市のマスコットキャラ「いちみん」が出迎えてくれます。市内にある「ツインアーチ138」をモチーフにしているそうです。最近は全国的にゆるキャラが増えすぎてえらいことになっていますが、個人的には「ひこにゃん」と「いちみん」は愛嬌があって好きです。

館内案内板にも液晶ディスプレイによる映像が常時流れており、最新の設備が整っています。




20131229_5

駅東口の真新しい玄関。




20131229_6

1階のコンコースには2箇所に街頭ビジョンが設置されており、音声も流れます。




20131229_2

元々JRの高架下には、JR東海の子会社「名古屋ステーション開発」が運営するエキナカ「ASTY」がありますが、今回の新駅ビルの1階にも拡張オープンしました。




20131229_8

成城石井は、県内では名古屋市以外で初の進出となりました。i-ビルのASTYには新たに9店舗が開業し、ASTY一宮の店舗数は合わせて21店舗となりました。特に新規9店舗は売上額が当初目標を10%上回ったほか、既存14店舗も毎月の来店者数が前年同期比10%増の傾向が続いています。




20131229_9

東口玄関付近には、市内の観光案内所も設置されました。




20131229_10
20131229_11

5階~7階にオープンした「一宮市立中央図書館」。午後9時まで開館しているので、学校帰りや会社帰りにも立ち寄ることができます。従来の旧図書館に比べ一日の利用者数は3,700人と倍以上に増加しました。電車で近隣市町村から利用しに来る人もいるようです。




20131229_13
20131229_12

シビックテラス。エスカレータ付近には休憩所が設置されており、もう半分はイベントスペースになっています。ビル内には図書館利用者向けの学習室がありますが、予想を超える人気のためスペースが足りず、土日の日中はこちらの休憩所も中高校生や大学生でほぼ埋まっています。また、イベントスペースはコスプレのイベントに使用されることも多く、企画会社からの使用申し込みが増えているほか、岐阜・三重・静岡など県外からも人気の会場として注目を集めているそうです。これまでの旧駅ビル時代には若い人達が集う場所が無かったため、賑わい創出の場としては大成功を収めていると言っていいでしょう。また、市内で開催される「一宮七夕祭り」と「世界コスプレサミット」がコラボしたイベントが大々的に開催されるようになり、かつての繊維の街としての輝きを取り戻すべく、新たなコスチュームタウン構想に則った取り込みも進められています。

2階フロアはJR尾張一宮駅ホームと同じ高さにあり、ホーム側の壁をガラス張りにして一体感を演出しています。




20131229_14

シビックテラスから見た東口ロータリー。





20131229_16
20131229_17

一宮駅は、JR尾張一宮駅にJR東海道線が、名鉄一宮駅には名鉄名古屋本線と尾西線が乗り入れています。
双方のホームや改札口が隣接する総合駅となっており、尾張西部の玄関口として多くの通勤通学客に利用されています。これまでは朝夕に限った通過点としてのイメージが強かった同駅ですが、i-ビル開業後は日中もかなり賑わいを増すようになりました。




20131229_18
20131229_19

名鉄一宮駅(西口)側の駅ビルには名鉄百貨店一宮店が入居していますが、i-ビル開業後は入店者数が10%増加しました。また、新ビル5階に子育て支援センターが開館したことから30~40代の子連れ世代も増え、これを取り込むべく今年4月に地下フロアの改装を実施、食品雑貨類を2.5倍に増やしたほか、4階には北欧ブランドの台所雑貨を充実させるなどテコ入れを行っています。




20131229_20

さて、再びi-ビルに戻って最上階の7階まで上がってきました。




20131229_2120131229_22

7階にはセミナー・会議用の「シビックホール」と、パティオ(屋上庭園)があります。




20131229_22

7階からの眺め。奥に見えるクレーン付きの大きなビルは建設中の一宮市新庁舎。その手前には旧来からの「本町商店街」のアーケードが見えます。愛知の場合、一宮に限ったことではないですが、賑わいの動線がどうしても駅の中に限定されてしまいがちです。商店街のほうは波及効果が芳しくないようですが、個々に見ても店のコンセプトや売り方の工夫は必要だと思います。外部効果に期待して今までと同じやり方で商店街の復活をかけるのはかなり難しいでしょう。ただ、一度商店街が衰退してからは駅からアーケード街までの人の動線が完全に途切れてしまっており、これではアーケードを歩く人は永遠に増えません。時代の変化を見据えた上で商店街の今後の在り方、駅ビルと商店街の共存共栄を真剣に考えていかなければなりませんね。




20131229_23

最後は横に長い巨大駅舎をパチリ。




20131229_24

駅の西口では、マンション建設も盛んに行われています。


【参考】i-ビル公式サイト

15年前の一宮駅前を撮影した貴重な写真が掲載されているサイトです。
管理人磯兼様運営サイト
[ 2013/12/29 03:17 ] ★尾張西部 | TB(0) | CM(4)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。