スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

旧愛知マツダ本社ビル跡地 その後

写真はすべて12月15日撮影。
20131228_1

名古屋センタータワーの西向かいで解体が進められていた、旧愛知マツダ本社ビルの解体工事のその後を見てきました。




20131228_2

工事は大詰めを迎えており、建物はほぼ姿を消していました。




20131228_3

見上げればセンタータワー。
手前の「パレス上前津」は1978年に竣工した古い賃貸マンションですが、物件サイトを見ると内装は今風に改装されているようです。




20131228_4

隣接するコインパーキングとともに、その跡地利用が気になっていました…が、




20131228_5

今回は単独開発でした。残念!
プレサンスの物件は、最近市内都心部で急激に数を増やしています。




20131228_6
20131228_7
20131228_8

付近では、他にもマンションの建ちそうな土地がいくつかあります。
こちらの土地は更地になってからしばらく放置されており、建築計画の看板も見当たりません。




20131228_9
20131228_10

さらに大須通りを挟んだ北向かいの旧中保健所は、今年5月に栄へ移転したため、現在は閉鎖されています。




20131228_11
20131228_12

跡地は売却されるようですが、立地的にはまたマンションでしょうか。
スポンサーサイト

今月10日にオープンした大須・新天地通りの「タイトーステーション」ほか

20131028_6

大須・新天地通商店街沿いに立地する「第一アメ横ビル」向かいに今月10日、タイトーの直営ゲームセンター「タイトーステーション」がオープンしました。



20131028_7

建物は地上2階建てで、一番下のフロアは半地下構造となっており“地下1階”扱いとなっています。パチンコ屋の跡地に新築されました。



20131028_8

1階のプリクラコーナーでは、貸し出し用のコスプレ衣装を着た撮影もできるようです。(ただし女性限定)



20131028_9

北側の壁面は“地下1階”部分が緑化されています。



20131028_10

アメ横ビルの隣には、以前アパレルかアクセサリー関係の店だったと思われる建物が、最近流行りの「唐揚げ店」に変わっていました。大須ではあちらこちらで唐揚げの店が急増していますが、流行りの発端は何でしょう??



20131028_11

タイトーステーションの強力なライバル「アーバンスクエア」。昨年運営会社の変更と同時にリニューアルオープンしました。未だ人気の根強いゲームセンターのようですが、タイトーがどのように対抗していくのかが見ものです。



20131028_12

少し前までは空き店舗が並んでいた新天地通りのふれあい広場付近も、食べ歩きの店が複数出店したことによりかなり賑わいを増しています。大須といえば以前は「電気街」としてのイメージが強く、PCショップやパーツ店などが多数集積していましたが、最近は若向けの雑貨店や飲食店などが次々と出店しており、時代とともに街全体のイメージも大きく変わりつつあります。



20131028_13

大須を代表する待ち合わせスポットの1つ、「大須ふれあい広場」。新天地通商店街と東仁王門通商店街の交差部に位置します。ちょっとした休憩スポットにもなっており、ライブや曲芸などのイベントが行われることもあります。かつては雨ざらしの広場でしたが、2010年3月に寺院を模した立派な大屋根が完成しました。

東仁王門通り側に金の柱、新天地通り側に銀の柱が建っていますが、2009年10月の「第32回大須大道町人祭」前夜祭にて開催された「金の玉転がし」で、東仁王門通りが新天地通りを下したことからこの配置になっています。
その他、大須商店街では、大須の街を熟知したボランティアメンバー「大須案内人」が街を案内してくれます。



20131028_14

ふれあい広場に鎮座する招き猫が呼び寄せるかのように、大須はいつもたくさんの人で溢れています。


【参考】名古屋ポップカルチャーの聖地にアミューズメント施設 「タイトーステーション 大須店」 10月10日(木)オープン!!(2013年10月8日 タイトーホームページ)

旧愛知マツダ本社ビル解体工事始まる

画像はすべて9月23日撮影。
130930_1

地下鉄名城線・鶴舞線「上前津駅」から徒歩1~2分の場所にあった「旧愛知マツダ本社ビル」の解体工事が始まっていたので、見てきました。



130930_3

マツダビルは地上7階建て、1963年に竣工したオフィスビルですが、1990年に大規模な改装工事が行われました。なお「愛知マツダ」という会社は現在は存在せず、2000年に子会社4社が統合して「東海マツダ販売」という社名に変わっています。



130930_2

外観だけ見ると、新築かと勘違いするくらい新しめのビルです。

【参考】改装前の写真(三協立山株式会社ホームページ)



130930_4

前津通りに面した正面玄関。



130930_7

裏に回ってみると、こちらは竣工当時の装いを残したままでした。手前のマンションは1978年に完成した「パレス上前津」。



130930_14

そして東側にそびえ立つのは、YMCA跡地に2008年に完成した「名古屋センタータワー」。



130930_11

【名古屋センタータワー 概要】
階数 地下1階・地上29階
高さ 103m
延床面積 20,796.78㎡
敷地面積 2,029.64㎡
建築面積 968.23m²
総戸数 153戸
竣工年月 2008年3月
建設地 名古屋市中区上前津2丁目501番1
建築主 三交不動産・三重交通
設計 IAO竹田設計



130930_12

北側壁面。



130930_13

センタータワーとマツダビルは至近距離にあります。



130930_10

さらに気になるのが、マツダビルの東側にあるこのコインパーキング。広さは約1,900㎡ほどですが、マツダビルの敷地と合わせると約2,500㎡強あります。結構前から営業しているようですが、マツダビルの解体以前からタワマンが建つのではという噂が一部で出ています。(あくまで噂です)



130930_8

かなり広いコインパーキングですが、稼働率は低いのでしょうか。結構空きがあります。



130930_6

センタータワーの南西角。



130930_9

とりあえずマツダビルの跡地がどうなるか、今後も注視していきたいと思います。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。