スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ロイヤルパークスささしま」ほか、8月11日現在のささしま地区の様子

20130815_15

「ささしまライブ24地区」は、名古屋駅の南に広がる旧国鉄笹島貨物駅跡地、約24ヘクタールに及ぶ再開発エリアで、名古屋市が中心となって整備を進めています。2005年には愛知万博のサテライト会場としても活用されました。
現在は、万博の開幕と同時に開業した東急不動産の複合商業施設「マーケットスクエアささしま(旧ラ・バーモささしま)」と「ZEPP名古屋」がそのまま営業を続けています。2012年4月には愛知大学の新キャンパスが開校しました。続く2015年には、大和ハウスが建設を進めている賃貸住宅・物販店・高齢者施設などの入る複合施設「ロイヤルパークスささしま」がオープンするほか、ベストブライダルが計画を進める、結婚式場・レストラン・宿泊機能を備えた複合施設が開業します(規模は不明)。2016年度には中京テレビが、昭和区高峯町と中区栄に分散している本社機能を移転させます。2017年度には愛知大学の本館が供用を開始するほか、オフィスや外資系ホテルなどの入る超高層複合ビル「(仮称)グローバルゲート」が開業する予定です。しかし、グローバルゲートに関しては前回の計画発表時からかなり間が空いているので、現在は計画が変更されているかもしれません。ただ、中京テレビの新社屋の建設が決まったことで、外資云々はともかくある程度のホテル需要は生まれてくるのかなと思います。


20130816_2

ロイヤルパークスささしまの建設予定地。愛知大学のキャンパスからは、都市計画道路椿町線を挟んで西側にあります。



20130816_3

北側には名古屋駅前の超高層ビル。



20130816_4

上2枚は“現在地”の場所から撮影しています。



20130816_5

ささしまライブ駅からは、徒歩1分ほどの距離です。



20130816_6

お盆休み中。



20130816_7

【ロイヤルパークスささしま 概要】
階数 西棟・南棟・東棟(3棟)―いずれも地上19階
高さ 65.35m(最高高さ)
延床面積 46,067.92㎡
敷地面積 7,686.66㎡
建築面積 4,508.07㎡
総戸数 賃貸住宅―502戸・有料老人ホーム―約100室・保育所―約100人収容
竣工予定 2015年末
建設地 名古屋市中村区平池町4丁目60番5(ささしまライブ24地区内西街区)
建築主 大和ハウス工業
設計 大和ハウス工業・浅井謙建築研究所株式会社
用途 共同住宅(賃貸)・有料老人ホーム・保育所・貸店舗(物販・飲食)・寄宿舎

市内の中でも、かなりの規模です。


20130816_8

イメージパース。左から西棟・南棟・東棟です。
(画像は、大和ハウス工業公式サイトの「画像利用申請フォーム」より取得しています)

【参考】「JR名古屋駅」南側大型再開発エリア 「ささしまライブ24地区西街区」取得(2012年4月10日 大和ハウス工業プレスリリース)



20130816_9

都市計画道路椿町線。右から都市計画道路笹島線と掘割式で交差し、その奥であおなみ線・近鉄線・JR関西線をアンダーパスし、JR名古屋駅太閤通口まで繋がります。



20130816_10

中京テレビ新社屋建設予定地。



20130816_11

椿町線アンダーパスは2016年開通予定です。何本もの線路をくぐる大工事なので、夜間もバリバリ工事が行われています。



20130816_12

名駅からぐるっと歩いて、あおなみ線「ささしまライブ」駅に到着しました。階段の屋根は最近新たに設置されました。



20130816_13

塩漬け状態となっている「(仮称)グローバルゲート」建設予定地です。敷地面積は約17,000㎡もあり、かなり広い敷地です。一番新しい発表では、地上37階・高さ170mのWESTタワーと、地上18階・高さ90mのEASTタワーが建設されることになっていますが、最近はめっきり音沙汰がなく、計画が変更されている可能性が高いです。ささしまライブの中核的施設となる非常に重要なプロジェクトなので、ぜひとも実現してほしいところです。


20130816_14

都市計画道路笹島線のアンダーパス。現在は愛大生の仮の通学ルートが設けられています。キャンパスの手前にある敷地には公園が整備されます。公園にはせせらぎも整備され、右奥の中川運河船溜まりへ流れ出るようになります。水は現在建て替え中の露橋水処理センター(2017年稼働予定)で高度処理された綺麗な水が使用されます。

【参考】高度処理水を活用したささしまライブ24地区・中川運河堀止の環境整備(ナゴヤ・ポートニュース 平成22年5月号)



20130816_15

中京テレビ新社屋建設予定地。


【中京テレビ新社屋 概要】
階数 地上11階(搭屋1階?)
高さ 54.5m(電波塔最高部145m)
延床面積 31,723㎡
敷地面積 7,120㎡
建築面積 4,454㎡
着工予定 2014年3月
竣工予定 2015年11月
移転完了 2016年秋
建設地 名古屋市中村区平池町4丁目60番11(ささしまライブ24地区内東街区)
建築主 中京テレビ放送
設計 日建設計・伊藤建築設計事務所JV

【参考】都市再生特別措置法に基づく民間都市再生事業計画の認定について(2013年3月19日 国交省ホームページ)
【参考】ささしまライブ24地区の土地取得について(2011年5月11日 中京テレビプレスリリース)

電波塔はガラス張りとなっており、かっこいいデザインです。低層部のデザインにもう少し工夫が欲しかったですね。低層部の東側壁面(公園・愛大キャンパスモール側)には大型ビジョンが設置され、災害時の情報発信などもできるようになるようです。また、屋上庭園も整備される予定です。


20130816_16

椿町線・笹島線交差部と、ロイヤルパークスささしま建設地。



20130816_17

かなり深いところまで掘られています。



20130816_18

いつもならここから徒歩で名駅まで帰るところですが、35度を越す猛暑に名古屋特有の湿気も加わり危ない暑さだったので、贅沢してあおなみ線で帰りました。笑



20130816_19

あおなみ線・近鉄線・JR関西線をまたぐ歩行者・自転車専用のオーバーパス(ささしま米野歩道橋)。2011年9月に開通しました。

【参考】ささしま米野歩道橋(オーバーパス)の概要(名古屋市ホームページ)



20130816_20

名古屋臨海高速鉄道あおなみ線「ささしまライブ」駅。現在は利用客が極めて少なく、無人駅となっています。



20130816_21

名古屋まで1駅。manacaなど各種ICカードが使えます。名古屋市交通局が発行する「ドニチエコキップ」が使えるとかなり便利なんですが…。愛大生は現状名古屋駅から徒歩で通学する人が圧倒的に多く、ルート上にムービングウォーク付き地下通路が新たに整備される予定なので、“あおなみシフト”はなかなか難しい状況です。
ただ、私が13時ごろ乗車したは、次が終点ということもあり150人以上は乗っていました。金城ふ頭のレゴランドなど明るい話題もありますので頑張って欲しいですね。
スポンサーサイト

愛知大学 名古屋キャンパス2期工事 2017年春竣工へ!

20130815_7

愛知大学は、名駅南に位置する「ささしまライブ24地区」に、新「名古屋キャンパス」の整備を進めています。2012年4月に第1期工事が完了し、旧名古屋キャンパス(みよし市)・車道キャンパス(名古屋市東区)・豊橋キャンパス(豊橋市)から5つの学部が移転しました。この移転により、約7200人の学生がささしま地区へ通学することになりました。
第2期工事では、車道キャンパスから大学院5研究科が移転する予定です。これで、社会人や孔子学院生も含め約9000人が名古屋キャンパスへ集まることになります。また、本館の南側にはコンベンションホールが併設されることになっています。当初、2期工事は2015年に完了する予定でしたが、資金面で着工が遅れており、供用開始時期が2017年の4月に変更されています。

写真は、1期工事で完成したキャンパスモールです。講義棟(右)と厚生棟(左)の間にあります。モールの奥は公園予定地となっており、さらにその奥に中京テレビの新社屋が建設される予定です。現在は夏休み期間中のため、学生さんはほとんどいません。


20130815_8

2期工事の「本館」と、コンベンションホールの建設予定地です。現在は大学関係者用の駐車場および駐輪場があります。以前発表された計画では、本館の規模は地上20階・高さ約100mとなっていましたが、最新のプレスリリースでは“100m級のシンボル性”といった表記のみで、階数などの詳しいスペックは書かれていません。ただイメージ図を見る限りでは、20階で変わりはないようです。



20130815_9

都市計画道路笹島線です。現在は暫定片側1車線となっています。将来的には、ささしまライブ駅の西側で都市計画道路椿町線と地下で交差し、整備後の椿町線を経由してJR名古屋駅太閤通口まで抜けられる予定です。



20130815_10

講義棟(手前)の東側の2階部分には、本館と連絡通路で結ぶための事前工事が行われました。しかし、最新の発表によると5階でも本館とデッキで繋がるようですが、壁面にそれらしき穴がありません。後から設計が変更されたので、おそらくその事前工事は行われていないと思われます。



20130815_11

本館予定地の北向かいには複合商業施設の「マーケットスクエアささしま」、その奥には「ZEPP名古屋」があります。マーケットスクエアは、以前は「ラ・バーモささしま」という名前でした。飲食店やゲーセン、109シネマズなどがあり、学生の暇つぶしにはもってこいの施設です。



20130815_12

その西側(講義棟の北向かい)には、筆者も首を長くして続報を待ちわびている「(仮称)グローバルゲート」予定地があります。現在は、どこから持ってきたのか放置自転車と思われる自転車たちが放置されています。(柵の外から撮影)右奥に見える白い建物は、JICA中部(中部国際センター)の施設。名東区から移転してきました。



20130815_13

本館予定地のすぐ東側には東海道新幹線が走っています。



20130815_14

厚生棟の南側。右に見える高架は名古屋高速万場線。高架下には物流倉庫などが残っています。


【愛知大学名古屋キャンパス 2期工事 概要】
階数 本館―地上20階 コンベンションホール―設計変更のため不明
高さ 100m級(本館)
延床面積 不明
敷地面積 4,957㎡
供用開始 2017年春
建設地 名古屋市中村区平池町四丁目60番6他(ささしまライブ24地区内)
建築主 学校法人愛知大学
設計 不明

【参考】愛知大学名古屋学舎第2期工事について(2013年8月9日 愛知大学プレスリリース)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。